アトリエルトア

atelier Re-tour アトリエ ルトア

19~20世紀初頭のレースや装飾よりインスピレーションを受けアクセサリーを製作。
泥染中心のオリジナル布花、蝋素材の植物によるノスタルジックな装花を中心に古い素材を贅沢に使った創作品など
ヴィンテージ感溢れるポエティックな作品を製作。

atelier Re-tourの由来

蘇生、再生、生まれ変わる という意味を持つフランス語Retourが語源。
繰り返す旅 という意味も込めています。
長い時を経た古い素材に現代のエッセンスがプラスされ新たに生まれ変わり
再び旅に出る物語を想い名付けました。

Designer Kozue

北海道旭川出身。
レース専門の輸入雑貨店、ヨーロッパの服飾、宝飾ブランドの商社を経てインテリア企業に入社。
2003年デザインスクールに入学。VMD、空間デザイン、ディスプレイを学ぶ。
2008年atelier Re-tourの活動を始める。